無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

告白①
伶菜
あー、もぅ…




あんなこと言われたら気になって仕方がない。








アンナ
どうしたのー?
伶菜
…壱馬くんにね、










私はアンナにそのことを話した。




そしたら…









アンナ
…壱馬先輩も、好きってこと?
伶菜
んー、わかんないよ…
アンナ
あとは待つのみだね
伶菜
うん。あれ、アンナはあの後どうなったの?
アンナ
あー、わたしは…




そう言うとアンナは顔を赤くした。








え…なんかあったのかな













アンナ
…体育祭延期になったことが分かったら、涼太先輩が
伶菜
うん…
アンナ
心配しなくていいよ、ちゃんと言うから、って…
伶菜
え!アンナもやばいね!





涼太先輩、やっぱりアンナのこと…


























































そのころ…、








涼太
壱馬、俺、いってくるから。
壱馬
…うん、頑張れ
涼太
…よしっ