無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

seven
あなた

んー、潤家に泊めて

松本潤
うん?
いいよ‼
大野智
俺も‼
相葉雅紀
僕もー‼
櫻井翔
俺は帰るね。
明日朝早く仕事だから😁
あなた

おん‼
またね👋

松本潤
帰るよ‼
あなた

もう一口ー‼
飲むー‼

大野智
どんだけ😪
相葉雅紀
笑笑
あなた

潤ー‼

松本潤
どーした?
あなた

2人で帰ろー‼

松本潤
おう‼
2人とも先に行ってて
これ鍵だから
相葉雅紀
んー‼
大野智
😪
松本潤
どーした?
あなた

あのさ‼
今日嵐に入ることに
なったじゃん。

松本潤
うん。
あなた

私、入って良いのかな?

松本潤
どーして?
あなた

私さ、嵐に入って
皆の足引っ張ったら?とか
アンチが増えたら?とか
考えてしまって、
入らない方がいいのかなって
考えてしまうねん。

松本潤
大丈夫‼
あなたが居るだけで
俺たちはライブとか
頑張れたんだ。
だからあなたは、
必要な存在だよ‼
あなた

ありがとうー‼
潤ー‼😭✨

松本潤
よし‼
早く帰ろ‼
あいつら待ってるから😁
あなた

うん‼