無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

22
松本潤
あなた。
あなた

じゅ、ん?

松本潤
嘘ッ‼
あなたッ‼
俺の声が聞こえるのか?
あなた

潤😭

松本潤
あなたッ‼
やっと気づいてくれた。
あなた

気づけなくて
ごめん😭

松本潤
気づいてくれたから
そんなこと気にしないで‼
あなた

うん‼

松本潤
ねぇ‼
デート行こっ‼
あなた

足がもう。

松本潤
大丈夫。
車イス押すから。
あなた

触れるの?

松本潤
うん‼
でもその代わり
人には触れれないんだ。
あなた

そっか。

松本潤
どこ行く⁉
あなた

ショッピングモール。

松本潤
いいね‼
あっ、俺は人から
見えるから‼
あなた

なのに私からは?

松本潤
霊感強い人には
見えないから。
あなた

本当。

松本潤
行こっ‼
あなた

うん。

ショッピングモール
松本潤
俺も顔隠さないと。
あなた

死んだのにここにいると
騒がれたら大変だもんね。

松本潤
そうそう。
あなたもしてね。
あなた

分かった。

松本潤
準備万端‼
あなた

(笑)