第8話

8話 もっと危機感持ちなよ
紗枝の家からの帰り道──。

辺りはすっかり夕日に染められて、
茜色一色だった。
あなた

(ああ、紫乃くんに会いたいな……)

気疲れしてしまった私は、
その足で『flowersalon』へ
向かうことにした。
常葉 紫乃
常葉 紫乃
ありがとうございましたー
お店の前まで来ると、
ちょうど紫乃くんがお客様を見送っている
ところに出くわす。

紫乃くんはお店に戻ろうとして、
私の存在に気づいた。
常葉 紫乃
常葉 紫乃
なにしてんの?
今日、休みでしょ
あなた

ああ、うん。
そうなんだけど……

あなた

(なんと説明すればいいのやら……)

返答に困っていると、
紫乃くんは私のところまで歩いてくる。
あなた

(あ……)

目の前に立った紫乃くんを
改めて見上げた。
あなた

(紫乃くんって年下なのに、
私より頭一個分くらい
大きいんだよね)

常葉 紫乃
常葉 紫乃
休みの日も通うくらい、
バイト好きとか、変わってるね
あなた

違うよ。
紫乃くんと話したくなって……

常葉 紫乃
常葉 紫乃
……は?
紫乃くんは目を丸くしたあと、
すぐに赤面する。
常葉 紫乃
常葉 紫乃
なんなの、急に
あなた

ご、ごめん!
仕事中に迷惑だよねっ。
だけど、どうしても話したくて……

常葉 紫乃
常葉 紫乃
別に、迷惑とかじゃないから。
な、なんかあったの?
目を逸らしながら、
紫乃くんが尋ねてきた。
あなた

今日ね、紗枝……親友の家に
遊びに行ってたんだけど……

成り行きでお兄さんの友達と一緒に
遊ぶことになったことを話す。
あなた

話してても全然楽しくなくて。
疲れちゃって……

常葉 紫乃
常葉 紫乃
あのさ、それ軽く合コンみたいに
なってるから
あなた

え! でも、紗枝のお兄さんの
友達だし……

常葉 紫乃
常葉 紫乃
だからなに? 
遊びに誘うってことは、
確実にナンパでしょ
あなた

そうだったの!?
社交辞令かと思ってた……

常葉 紫乃
常葉 紫乃
信じらんない。それでよく、
今まで無事だったよね……
紫乃くんは額に手を当てて、
天を仰いでいる。
あなた

ご、ごめん!

常葉 紫乃
常葉 紫乃
あんたさ、なにに対して謝ってんの
あなた

紫乃くんを呆れさせてる理由が
わからないので、
とりあえず謝ってます!

常葉 紫乃
常葉 紫乃
張り切って言うことじゃないから。
このニブニブ星人め
あなた

ニブニブ星人……

あなた

(なんか変なあだ名つけられた……)

常葉 紫乃
常葉 紫乃
もっと危機感持ちなよってこと。
もし友達がトイレに立って、部屋に
あなたとその男たちだけになったら?
あなた

なったら?

常葉 紫乃
常葉 紫乃
襲われるかもしれないって、
想像しなよ
ぴんっとデコピンされる。
あなた

あたっ

常葉 紫乃
常葉 紫乃
無事でよかったけどさ、
本当、心配するこっちの
身にもなってよ
あなた

あ……

あなた

(心配、してくれてたんだ。
嬉しいな……)

あなた

ごめんね。私のこと、
気にかけてくれてありがとう

常葉 紫乃
常葉 紫乃
……っ、当然でしょ。
彼氏なんだから
あなた

(彼氏!)

あなた

そ、そうだよね

あなた

(彼氏、彼氏……かあ。
やっぱり、まだ慣れない!)