前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
お母さん
お母さん
ツウィ!ミナ!
おきなさい!
今日からホグワーツ





これから新たな物語が始まろうとしている










ツウィ
ツウィ
ふぁぁぁ(  ¯꒳​¯ )ᐝ
ミナ
ミナ
あともう少し寝かせて〜(  ¯꒳​¯ )ᐝ
ツウィミナ
ツウィミナ
げっ!
ツウィ
ツウィ
もうこんな時間
お母さん
お母さん
ちゃんと準備した?
ツウィミナ
ツウィミナ
今からする!!




急いで準備をした





ツウィ
ツウィ
お母さん行ってきます!
お母さん
お母さん
ちゃんと頑張ってくるのよ
ミナ
ミナ
はい!





そして私たちはホグワーツへと向かった







ツウィ
ツウィ
9と4分の3番線ってどこだろう?
ミナ
ミナ
ホグワーツの生徒らしき人が
あの壁から入ってるよ!
ツウィ
ツウィ
よし!じゃあ行こう





壁を通り抜けた






そこには私たちと同じホグワーツの生徒たちが大勢いた



ミナ
ミナ
ついにこの日がやってきたんだね
ツウィ
ツウィ
同じ寮になれたらいいね




列車の中に入った







そしてツウィが相棒に話しかけた

ツウィ
ツウィ
私の相棒グッチは
かわいいな〜(///ω///)♡
ミナ
ミナ
うちのレイだってかわいいよ〜!!



いつもと変わらない会話をしているうちに
ホグワーツ魔法魔術学校についた







進んでいくと門の前に監督生が











監督生
よくきてくれた
監督生
ようこそホグワーツ魔法魔術学校へ








_______________
下手くそだと思いますが見てくれたら嬉しいです!