第65話

65













ホグワーツ城に戻った


























ダンブルドア
ダンブルドア
君たち!
ミナ
ミナ
ダンブルドア先生!
ダンブルドア
ダンブルドア
君たちにお客さんがきとる
ジン
ジン
僕達に?
ダンブルドア
ダンブルドア
校長室にいるから、ついてきなさい
ツウィ
ツウィ
分かりました




























校長室に向かった









































そこにいたのは





























































































ウジ
ウジ
兄ちゃん!!











ユンギの弟ウジがいた




ユンギ
ユンギ
ウジ!ウジなのか?
ウジ
ウジ
そうだよ!
ユンギ
ユンギ
よく無事で
ウジ
ウジ
ずっと会いたかったよ!
ユンギ
ユンギ
俺もだよ
ユンギ
ユンギ
なんでここに?
ウジ
ウジ
ダンブルドア先生に皆が俺の事探してるって聞いたから
ツウィ
ツウィ
よかったねユンギ!
ユンギ
ユンギ
ああ
ウジ
ウジ
いつも兄がお世話になってます
ジョンヨン
ジョンヨン
なんでいなくなったの?
ウジ
ウジ
それは…俺1回黒づくめのヤツらに連れ去られて、気がついたらしならない所に…
そこで施設の人が拾ってくれて…
ユンギ
ユンギ
そうだったのか…
ツウィ
ツウィ
ところで、ホグワーツには入らないんですか?
ウジ
ウジ
はい!
今は違う魔法学校に通ってます
ユンギ
ユンギ
ホグワーツに転校しろよ
ウジ
ウジ
ごめん。それは無理
ユンギ
ユンギ
は?なんでだよ
ウジ
ウジ
今の学校を離れたくないんだ
ミナ
ミナ
そっかー
ウジ
ウジ
でも、また一緒に暮らしたい
ユンギ
ユンギ
あぁまた一緒に暮らそう!
ウジ
ウジ
ありがとう兄ちゃん!!
























抱きしめあった


















ツウィ
ツウィ
じゃあ私たちはお邪魔だと思うので失礼します
ユンギ
ユンギ
おい!
ツウィ
ツウィ
ん?
ユンギ
ユンギ
ありがとな
ツウィ
ツウィ
えっ?今なんて
ユンギ
ユンギ
1回しか言わねぇから
ツウィ
ツウィ
もっかい言って!
ユンギ
ユンギ
嫌だよ
ウジ
ウジ
こんな兄ですみません
ツウィ
ツウィ
いえいえ!
ユンギ
ユンギ
いい気になんなよ!
ユンギ
ユンギ
仲良くなったつもりねぇから
ツウィ
ツウィ
はいはい!笑

















よかった
































next