無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

ユンギ
ユンギ
え?
立ち上がる
You
You
・・・ッ、、
目を開いたあなたが見つめた
ユンギ
ユンギ
?!あなた?!
You
You
・・・
ユンギ
ユンギ
覚えて、ない?
You
You
오빠、、ですか?
ユンギ
ユンギ
?!
You
You
私の大切な人、、、でしたよね
ユンギ
ユンギ
ッ・・・(泣く)
You
You
間違ってますか、、?



そう言ってあなたは首をかしげた