小説更新時間: 2024/02/04 07:31

連載中

午前3時、透明感

午前3時、透明感
  • 恋愛
  • オリジナル
  • 永遠なんていらない
助けて、と言うほどでは無いけれど
何となく息苦しい日々。

そんな日々を切り取った、短編集。

きみとわたしの色彩は、透明くらいでちょうどいい。

チャプター

全2話
302文字
こむぎ
チャレンジ作家バッジ(ゴールド)

こむぎ

が好きなあなたにおすすめの小説

オオカミくんに殺されたい

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る

公式TikTokの注目動画

もっと見る