第39話

注意事項
211
2023/10/01 11:00


NO side



黒白堂 地下裏口___



あなたを見つけたあと、
捕まってしまったバーニーとパール。


だが、ここにはもう一人" 仲間 "がいた。



prrrrrr. prrrrrr.


「もしもし___」








































黒白堂に到着前___


バーニーの車で黒白堂へ向かう途中、
後部座席に乗っていたノボルが声を上げた。



ノボル「もし、このままアジトに入るなら、二手に分かれた方がいいかもしれない」
バーニー「Why?」
ノボル「どこに罠を仕掛けられてるかわからない。だから___」



バーニーとパールの2人、そしてノボル。

二手に分かれてアジトに侵入するらしい。


なにが起こるかわからない。

だから、様子を見るべく、
どちらかがさきにあなたを探しにアジトへ向かう。



バーニー「All right. I'll get in touch with you if anything happens(わかった。なにかあったら連絡する)」
ノボル「ああ」




































prrrrrr. prrrrrr.


着信音が鳴って、
アジトに顔を出したのは、



ノボル「もしもし」



ノボル___


電話の相手はあの2人。



ノボル「ああ、了解」



ノボルもまた、裏口から侵入し、
あなたがいる隠し部屋へと顔を出した。


見つけたのは、あなたが浮かぶ透明の装置。



ノボル(…これか、)



その装置に持っていたパソコンを繋げ、
急いでロックの解除をする。

すると、ファイルが開き、


画面に表示されたのは、
【中断】の文字となにやら注意書き。



ノボル「……」



《データ削除中》


※注意事項

中断した場合___


データの保存、移行は不可
完全なデータ削除には
時間がかかる場合があります(個人差あり)
削除されたデータの復元は不可(一部をのぞく)
感情のコントロールが不能になる場合があります



そう、小さな文字で表示されていた。



ノボル(…どうする、)



迷っている時間はない。


ガタンッ___

一か八かで、カチッと【中断】の文字を
クリックしたノボル。


すると、音が鳴って動いた装置。
聞こえてきたのは、空気の抜けるような音。


それから数秒して、


《データの削除が中断されました》


ノボルが装置を開けようと手をかければ、

装置内の液体がなくなり、
眠っているあなたが姿を現した。



プリ小説オーディオドラマ