無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

283
2021/08/07

第28話

26



え、なんか道史来たんですけどえ???←




瀬名「またぁ!?もうなんでだよ!!」




道史はズカズカと秘密基地に入ってきて、


ソファーにどかっと座った。


え、生徒会長がなんの用っすか??(




瀬名「なんでここ知ってんだよ!!」



『ここって秘密基地だったよね、??』



春日「あぁ、。そのはずだけど、。」




道史は無言で外を指さした。


外に何かあるってこと、、?


すると三平さんと竜二が、


何かを思い出したかのように顔を見合わせ、


悟を外に出るように誘った。


ガチで何したんあんた達。((
















柴山「もううんざりなんだよ!!」



『(ビクッ 』



春日「、、大丈夫か、?」



『あ、、うん、大丈夫…!!』




てか、学校との差ありすぎでしょ〜、。


怖いんだが。




柴山「くそっ!!」



風間「あいつ何怒ってんだよ。」



瀬名「さぁ、、。」



山田(弟)「これ、これでもさ、、。」



柴山「そんなのいらねぇからもうほっといてくれよ!!」




水とおもちゃを渡した和彦を、


道史が突き飛ばした。


荒れてんねー、、。(




春日「何すんだよ。」



山田(兄)「おい、なんなんだよ!」



柴山「1人にさせろ早く行け!!」



風間「自分家かよ、。」



『こんな道史見たことないんだけど、、。』



瀬名「それな。ギャップありすぎ。」












風間「道史の母ちゃん毒母だからな。」



三平「毒母って何?」



山田(兄)「子供を支配し、それが子供に害毒を与える親のこと。」



三平「それで家出したんか。」



山田(弟)「道史ん家、お父さんが偉大の教授でさ、あんまし家にいなくて、子供の頃から母親とずっと2人だったんだって、。」



瀬名「あの母ちゃん苦手だわ、、。」



風間「めんどくせぇよな。
、……あぁ!!道史がここにいることバレたら、俺らやべぇぞ!!」




そういえば!!


道史のお母さんに


うちら殺されるかもしれないんじゃん、、。


変な目の付け方されたもんな〜、、。


めんどいな〜、、。




瀬名「めんどくせぇことになる前に追い出そうぜ。」




そんな話をしていると、


さっきまで奥にいた道史が、


自分の持ってきたバックをあさり始めた。



風間「お前、どうしたの?」



柴山「ない、、ないないない!!」



春日「何がねぇんだよ。」



柴山「タブレットがないんだよタブレットが!入れたと思ったのに、。」



『タブレットなら和彦が持ってなかった?』



山田(弟)「うん!これ、使っていいよ。」



柴山「そんなんじゃ意味ないんだよ!!」




そう言ってまた和彦を突き飛ばした。


和彦かわいそ、、。




瀬名「わがまま、、、。」



柴山「あーもーどうしよう!」



風間「母親にわーわー言われんのが嫌で出てきたくせに、忘れ物しただけでオロオロしちゃって、ま、結局母親の自縛から逃れらんねぇだけじゃん。だったら帰れって話しよ!」



春日「帰れ。てめぇみてぇなマザコン野郎が1番ムカつくんだよ。」



柴山「俺はマザコンじゃない!!」



三平「マザコンって何?」



山田(兄)「後で、。」



柴山「違うっつってんだろ!!」



春日「、、やんのか?」














え、え、大丈夫そこれ。()