無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

テスト勉強
あなたside
今はテスト週間。
自分の部屋で勉強とにらめっこをしていると、
コンコンコンっとドアを叩く音が聞こえた。
西畑「あなた、今なんしよんー?」
『勉強してるー』
西畑「勉強するなんてえらいなぁ」
『今テスト週間やねんもん』
西畑「…そうかぁ、無理しやんでなー?」
『うん、ありがとう。』
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ









うわぁ、この問題まじわからん。
どーしよかな…
丈兄よぶかぁ…
『丈兄ー、勉強わからへん…』
藤原「しゃーなし、教えたるから部屋おいでー」
『ありがとう』
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ









丈兄の教え方先生よりもわかりやすいんやけど!!!
『丈兄めっちゃわかりやすい!!ありがとう!!』
藤原「はいはい笑また、ききにおいでな笑」
丈兄に頭を撫でられて、自分の部屋に向かった。
西畑「あなたおるー?」
と、また大兄がやってきた。
『おるよー?』
西畑「これ持ってきてん」
と、ミルクココアをつくってきてくれた。
『え!ありがとう!!』
西畑「勉強中にはあまいものやで!また飲みたくなったら言ってな!」
『うん!』
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ









こんな風にお兄ちゃん達はテスト週間中は全力でサポートしてくれる。
丈兄は勉強教えてくれるし、大兄はココアを作ったり話しかけに来てくれる。
優しいお兄ちゃんだ。
よーし!テストがんばるぞ!!
西畑「あなた!テスト頑張ったらご褒美に いちご狩りいこか!」
『え!いいん?やったー!』
藤原「…俺も行く」
『丈兄も一緒に!3人で行こな!!』
西畑「おう!やから頑張れよ!」
藤原「あなたの頑張り次第やからな」
『頑張る!!!!!』