無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

デート_12
62
2022/05/21 14:44
〜当日〜

重岡大毅
あかん…
早く着いちゃった
あなた(苗字→榮)
すみません!
遅くなって…
重岡大毅
まだ待ち合わせ時間なってないで?笑
あなた(苗字→榮)
え!?
あ、ほんとだ(笑)
重岡大毅
どこか行きたいところある?
あなた(苗字→榮)
重岡くんがバレないところで重岡くんの行きたいところでいいよ!
重岡大毅
//////









重岡大毅side


あんな可愛いこと言う!?
初デートやで!?

重岡大毅
甘いもの好きやったよね?
あなた(苗字→榮)
覚えてたの?///
一個一個が可愛いし
どんどん惹かれてく。
重岡大毅
個室のカフェがあるから
そこ行こ!
確かスイーツ美味しいって神ちゃんが言ってた気がする!
あなた(苗字→榮)
神山さんのこと好きなんだね(笑)
重岡大毅
神ちゃんは入所の時からの付き合いやし
めっちゃ好きやねん!
尊敬もしてる!



カフェに着くまでメンバーのあれこれやお互いの仕事の話をした。



そして徐々にあなたの目が閉じていくのがわかった。



寝そうになると懸命に起きていようとしてる感じが愛おしい。
重岡大毅
あなた?
もうちょいかかるから寝てていいよ?
あなた(苗字→榮)
あ、いや…
ごめんなさい…
運転上手だから…
ほら自然と人を褒める。

重岡大毅
(笑)
重岡大毅
褒めてもらえて嬉しいわ!
疲れるやろ?
その分後でたくさん話そうや!
あなた(苗字→榮)
うん!
ごめんね…
お言葉に甘えさせていただきます







無防備な彼女の寝顔を










カメラを起動させて起こさないように写真に収めた。





タイトル:初デート_あなたの寝顔_車中_yyyymmdd