無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

昊の能力
美羽さんにもう1人いるから!
と言われて今、車で移動している。
釜谷美羽(カマタニ ミワ)
今日はこれが終われば
もう帰って良いからね。
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
はい。
ちょっと待って?今思ったんだけどさ、
私って寝てるんだよね・・・?
てことは、これって・・・夢・・・?
「これは夢じゃないよ。」
え、待って、今昊の声がしたんだけど・・・
そ、昊・・・?
「ん?何。」
こ、これってどうゆう・・・てか冷た!
「ごめんwあ、これは俺の能力。
翔も持ってるから困ったら
いつでも話ししに来いよ。」
う、うん・・・ありがとう・・・!
「じゃあなー」
うん!ばいばい!
・・・はぁびっくりしたぁ~
「あ、言っとくけど、今まで思ったこと
全部聴こえてるからなww」
は、、え・・・?wガチですか・・・?ww
「うん。じゃっ!やましいこととか考えんなよ!」
そんなこと作者以外の誰が考えるってんだ!←
「あ、そうか。じゃね~」
うん!じゃね~!w
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
美羽さんあとどれくらいで
着きそうですか?
釜谷美羽(カマタニ ミワ)
そうねぇ~あと30分くらいかなぁ~
まだまだあるから寝てても良いよ~
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
はーい────