無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

練習試合
宮道舞波(ミヤミ マイナ)
久しぶり!漆瀬!!
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
え?あ!舞波~!久しぶり!
ホントにやだ!ホントにやだよぉ~( ;∀;)
誰か、助けてぇ~~( ;∀;)
宮道舞波(ミヤミ マイナ)
元気?漆瀬・・・?大丈夫?
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
うーん、車にいるの長かったから・・・
宮道舞波(ミヤミ マイナ)
そっか、早く元気になってね!
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
うん・・・
宮道舞波(ミヤミ マイナ)
取り敢えず、準備に戻るね!
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
うん・・・!
宮道舞波(ミヤミ マイナ)
じゃ!バイバイ!
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
うん、バイバイ。
意外と長話しなかったから
顧問に怒られずに済んだかも。
舞波は長話するからなぁ~~
そのせいで何度顧問に怒られたことか・・・
倉持夕夏(クラモチ ユウカ)
・・・・・せ・・・?
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
ん?え?あ、なんか言った?
倉持夕夏(クラモチ ユウカ)
うん、おーい漆瀬!って言った。
てか大丈夫・・・?
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
うん、大丈夫。
倉持夕夏(クラモチ ユウカ)
そっか!なら良かった!
ほら!早く椅子運ばなきゃ!
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
え?うん、そうだね。
1時間後・・・
試合が始まった。
6チームもいるせいか、
2面も使わせてもらっている。
1面目は、塒高校vs堤軽麻高校
2面目は、灰真崎高校vs茶鞍高校
私たち海寄高校は1面目の塒vs堤軽麻のTOだ。
勿論、大柳南高校は2面目のTO。
※TOとは・・・どう言ったら良いのか分っかんね!
取り敢えず試合が終わって、塒と灰真崎が勝った。
どっちの試合も泥試合でグダクタだったけどね。
海寄から見ると、全然走ってもないのに、
4校ともめっちゃ疲れてた。
もう、なんなんだろうね。
海寄はというと・・・
当たり前だけど100点ゲームだった。
そりゃ底辺のチームだからね。
私たち1年vs相手の3年でも圧勝よ。
まあ勝たなきゃ海寄の評価が下がっちゃうしね。
私はこれでも結構上手い方なんだよ?
小学生の頃からしてたし県選抜にも行ったんだよ?
この話は置いといて、半日だったからまだ許す。
てかこんな弱い相手じゃ練習にもなんないよ。
今日私は翔と昊に会って、
いろいろと質問したかったから早く寝た。
雲霧漆瀬(クモキリ ナナセ)
おやすみぃ~・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海(あおい)←主
短くてごめんね!
海(あおい)←主
これでも700文字越えてんだよ・・・