無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

簡単な自己紹介





どーもっ。
自己紹介してなんて、うちのボーカルがうるさいので
しゃーなし  でしますね()















岩本 あなたです
高校生ん時からこの業界に居ます
弟は、SASUKEに出てたジャニーズくんです。
あ、金髪じゃない方。()


















あなた『ねぇもうこれだけでいい?』
広臣「は?もっとあるだろ。笑」
隆二「好きな食べ物とか色々あんじゃん??」












あなた『ねぇ、うざいよそろそろ。』
健二郎「お、三代目最後の20代がボーカルにいじめられとる、笑」
あなた『山下うるさい。』
健二郎「やっば、グサッてきた」
ELLY「ええー!健ちゃんどんまいじゃん!」
 




いつも皆こんな感じでわちゃわちゃ。














あなた『もーいい、ジム行ってくる、』
NAOTO「ほら拗ねちゃったじゃんどーすんの!」
隆二「ここで岩田剛典を召喚!」←
剛典「ていやっ()」







「「「「「「『………』」」」」」」




あなた『岩ちゃん一緒にいこ』
 剛典「…♪」←
隆二「剛典岩田の攻撃がクリティカルヒット!」←
広臣「あいつ、ほんと岩ちゃん好きだよな」
直己「言ってあなたも “  岩ちゃん  ” なんだけどね。笑」
健二郎「あれ、ほんまや!」














皆から、こんな感じで愛されてる…のかな。
三代目は私の居場所。
ここから離れるつもり、無いからね。