無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

俺の姉ちゃん







side⇋照







Snow Man として “ 9人 ” でデビューしてから、
早いことにもう4ヶ月が経つ。








目まぐるしく、毎日が過ぎて、
有難いことに仕事もすごく増えて、
夢だった冠レギュラー番組も持てて。




いいメンバーと後輩、先輩に恵まれて
華々しくスタートした。








長い下積み時代を乗り越えて、
ここまで来れたのは、
紛れもなくファンの皆あっての事だけど、
とある人が居なければ、確実に辞めてた。







リーダーとしてやってる以上、
何としてもデビューしたい、って気持ちと
こいつらをデビューに導かないと。っていう責任感で
いっぱいいっぱいになっちゃって、
何回か、キャパオーバーして心折れかけた。










その度に救いの手を差し伸べてくれた人が居たから
 俺は今やってけてるんだろうね、きっと。






一生の相棒、シンメのふっかもそうだし、
ふっかも色々と気負ってた部分あるから、
お互いに声をかけあったり。
それに他のメンバーも、いつも助けてくれるけど、
それ以外にもう1人。






俺のはるか上の存在だけど、誰よりも近い存在
事務所は違うんだけど、結構な頻度で絡む
三代目JSBさんにいる、岩本あなた。




名前から想像つくだろうけど、俺の姉ちゃん。
2個上だけど、俺よりも経験豊富で、
困った時はすぐに話聞いてくれるし、助けてくれる。
女のくせに、すっごい頼れる人。





俺が道を外せば、違う、って正しく直してくれる
芝居のことで悩んでたら、
『私ならこうする』『こうなった時私はこうしてた』
って、正直な言葉で、教えてくれるんだよ。




でも、いつも最後に決まって言うのが、






『照は照らしく居るんだよ』





って言葉。
それが毎回バカみてぇにグサグサきて、
その度に、気を引き締めねーとな、ってなる。





だから、この言葉を俺のポリシーにして、
いつも頑張ってる



姉ちゃんってホントすげえ。まじで尊敬だわ。

そんな俺の姉ちゃんの事さ、
Snow Man 全員が頼りにしてるし尊敬してるよ。




この事はまた、別の時に話そっかな。






今は超仲良いけど、昔はほんと不仲だったし、笑
その事、次話そーっと。
ふっかとか気になってたしな、笑