無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

TOWER OF WISH







side⇋健二郎




















あなた「そーいや TOWER OF WISH の円盤、出たね」
健二郎「んー、そやなぁ、出た出た。」
あなた「あれさ、私出すぎじゃん??」
NAOTO「それは今更すぎるよあなたさん」



あなた「なんかさ、弟から連絡来たんだよ」
広臣「あー、えっと、…」
あなた「照ね?ひーかーるー。」
広臣「あーそうそう。」




相変わらず弟愛溢れてるし、臣ちゃんも名前覚えへんな、、←





あなた「“  姉ちゃんがいっぱい居た  ” って。」
直己「嬉しいね、買ってくれたんだぁ…」
あなた「ひー、私の出てるドラマとか番組、録画しまくってるらしいし。」
NAOTO「愛されてんねー!笑」








あなた「だからね、私決めた、」
隆二「お??なになに??」
あなた「あの子がデビューする時には、シングルだろうがアルバムだろうが、馬鹿みたいに買ってやる、、」
広臣「まずは出世しないと。」
剛典「いやこの子、もう出世してる、、」
 ELLY「そーだそーだ。三代目の稼ぎ柱だよ!」
あなた「何枚買おうかなぁ、、」





あ、みんなも手伝ってね!なんて、
普段はあまり見せないキラキラした笑顔で言われれば、
もう何でも頑張れそう。なんて。
本人に言ったら、拗ねるし怒るから言わへんけど。











ここだけの話、めっちゃ可愛かったわ。