無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

異変














side⇋あなた












『…そんな感じ。』









軽く、彼の重荷にならない程度に、
事実の4割程度を話した。
だって、ひかるは、まだまだ若くて、
これからもっと輝ける実力を持った子だから。
ただでさえ、
甘えられなくて一人で背負いがちな子だから。





















照「……何それ、、」
『…ん、』
照「……姉ちゃんのこと何も分かってねぇくせに、」
『…ごめん、もう忘れてこの話、』
『私は大丈…  「嘘言うなよ、」…』
照「強がってなんになるわけ?」


「強がってもなんの意味もねぇぞ。」
『…ないよ、強がってなんか。』
照「なら、手震えさせるの辞めたら?」


「事実の5割も言ってないくせに。」








“ 弟舐めんなよ、 ” って。




あぁ、私より、全然大人じゃん。
だから、みんなから好かれるんだよね
だから大人じゃない私は好かれないんだね









照「あのさ、姉ちゃん。」
『…ん?』
照「おれ、まだ全然大人じゃないよ。」
『何言って…、』















この男、いきなり一体何を話すつもりなのか。








照「まだまだだよ俺。成人はしたけど。」


「デビューまでは正直まだまだだし。」


「チャンスいつどこで掴めるかわかんねーし。」


「でも姉ちゃんは、すっごいかっこいいよ。」


「俺男だけど、姉ちゃんに憧れてる。」




















初耳。照がまさかそんな事を思ってるだなんて。

















照「自分持っててさ、女なのに大黒柱みたいで。」


「演技も歌もできて。」


「俺、ほんとに姉ちゃんすごいと思う。」









久しぶりに聞いた、私を肯定する言葉。
……そうだよね、何してんだ私。
なんでこんな事に、弱くなってんだ、私。
















照「俺、いっつも姉ちゃんが憧れだよ。昔から。」


「なんでもこなせて、全てを極めてる。」






“ まぁ、ちょっと性格に難あるけどな。 ” だって。




『その言葉いらない。余計。あほ。』
照「ふは、ごめんごめん、笑」
『……へへ、笑』
照「ほら、笑えた。やっと。それでいいよ。」


「なんでも背負い込みすぎんな?」


「しんどくなるよ。」
『……ありがとう、ひー。』











私の知らないところで、弟はすっかり大人になってた。
貴方が大人じゃないと思ってても、
少なからず私は思ってる。
























照「………、んー、// その呼び方もうやめて。」
『えー?なんでよ。笑』
照「何年前の呼び方だよ。それ。」
『いーじゃん、気分気分。』
照「ムカつくんだけど。笑」









結局そのまま、私は寝てしまった。
朝起きたら、もうひかるは居なくて、
代わりに


私と照が大好きな、野菜炒めがあった。


“ 今日も頑張れ ” っていうメッセージと共に。






異変 fin.