無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

深澤くんの片想い。










side⇋深澤









照に、お姉ちゃんがEXILEなんだって言われたの、
いつだったっけな。




















お互いがお互いを嫌いで、あんまり話さなかった。
でも、時が事を和らげるように、
Snow Manが出来て1年くらいで、
凄く話すようになったんだっけな。
今じゃもう、隣にいて当たり前な、シンメ。
むしろ隣にいないと、ちょっと不安。笑










そんな照から、会わせたい人がいる、って言われた時
当時俺は、「まさかもう彼女作った?」って思って。
いくらなんでも、このタイミングはやべーだろ、
バレたらもう照の隣で踊れねーの?とか。
とか、先走りすぎた考えをずっと、浮かべてて。









いざ会ってみれば、


最近飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する
EXILE MUKU さんだったっていうわけ。
会ってもなお、俺は動揺が隠せなくて、
「え、照年上が好きなんだ!」とか考えてた。笑
それを、ひかるに見破られて、




「こいつ、彼女じゃないよ。お姉ちゃんだよ」




って言われた時にはもう腰抜けるかと思った。()









初めて会ったお姉さんの印象は、
とにかくツンデレが全面的に出てて……笑
でも、礼儀正しくて、とても気が利く方だった。



照に似て女の子にしては背は高いし
自分の意志ちゃんと持ってるのが話聞いてて分かる。






会う度会う度、いつも体調と食事を気にしてくれて、
その場の勘定は全部あなたちゃんが持ってくれる
いつか俺も…堂々と奢れるようになりたい…
と、ご飯に行く度思う。笑









そして、会えば会うほど、なんか心臓がぞわぞわして
テレビや雑誌で彼女を見ると、胸が鳴る。
恋に落ちたと分かったのも、そんなにかからなかった。










でも、相手はメンバーのお姉さんで、もちろん年上
しかも、あの男らしいEXILEさんに囲まれた華。
皆さんガタイのいい方ばかりで、それでいて格好良い
こんな半人前も半人前な、ひょろっとした男なんて


多分見向きもしてくれないだろう








この時からだろうな。


近くにいるのに叶わない恋をし始めたのは。











🍓




ふっかやばい報われて欲しい……()