無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

めちゃ×2 イケてるッ!





side⇋橘






いや、いやいやいやいや。(笑)
おかしいこの子。急におかしい事言い始めた()















あまりの爆弾発言にその辺にいたTRIBE大集合。()
三代目は過保護だからモチロンでしょ?←
あとは血相変えた血眼の敬浩くん。←
そんないっかつい格好してそれはまじ犯罪者予備軍だよね〜()






敬浩「え、ちょ、あなた何言ってんの?」
岩本「え、だって、さっき喧嘩売られたから」
ネス「だからって買わんでいいでしょうが〜」←





どうやらさっき、あちら側のスタッフさんから


喧嘩を売られたらしい。
女だからとか、云々言われたんだろうね
あなたの目がマジになってる、(笑)







MAKIDAI「あなた分かる?全国に水着晒すんだよ?」
岩本「いやわかってますって馬鹿じゃないから」←
MAKIDAI「いや違くて違くて…」←
将吉「あなたすげぇ、メンタル鬼ww」
USA「色んな面でね(笑)」
岩本「売られた喧嘩は買わなきゃやってられませんよ」
広臣「(吹く)」
直人「や、ヤンキーじゃんwww」
AKIRA「まぁあなたも泳ぎなかなか速いからなぁ…」
敬浩「えーじゃあどうしようねっさん抜けます?」←
ネス「いやいやいやいや待っておかしいですやん」←
隆二「じゃあ俺抜けましょうか?」


「三代目からは代表であなたって事で…」
敬浩「あらやだレディーファーストですか!」←
隆二「いやそう言うつもりじゃ…」←
岩本「特別扱いして欲しくないけどなんか複雑。」←
TETSUYA「まるで女の子じゃないみたいな言い方ね(笑)」
敬浩「じゃあ隆二の代打であなたって事にしようか!」








とりあえず言えることは、ケイジと俺は気が気ではない。←