無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

めちゃ×2イケてるッ!





side⇋あなた






















岡村「ザイル髪長いねーーーーーーん!!!」
矢部「すいません失礼しましたぁ、」←
TRIBE「「「「「(爆笑)」」」」」
岡村「何なんですかもう、ネスミスといい、女といい!!!」
有野「自分が出れんかった恨みをあなたちゃんにぶつけんな(バシンッ)」
岡村「キィィィッ(威嚇)」←















佐野アナ「…どうですか威嚇されましたけど岩本さん(笑)」
『特に何も感じないですねー蚊がいるなーくらい。(笑)』
一同「「「(大爆笑)」」」
佐野アナ「笑ってる!!!笑ってます!!!」←
敬浩「やべぇ、、あっはwww(腹抱える)」
橘「お腹痛い、痛い痛い痛いッwww」
佐野アナ「さすが男集団の中の女性と言った所でしょうか、肝が座っておりますねぇ、」←















水着に着替えて、皆と出てきた。
にしても久々の水着だなぁ、、
とか思いながら、威嚇を流すように話してたら、
爆笑される始末。んだこれ、←



















岡村「言っときますけどネスミスも女も髪入らなかったらファウルですよー」
嫌味ったらしいなあのチビ(ボソッ)』←
橘「ねぇそれ絶対禁句…確かにだけども、(ボソッ)」←
ケンチくんも言ってんじゃん、1番タチ悪いやつだよそれ(ボソッ)
岡村「なんだ女ァァーーーーーーー!!」
矢部「だからうるさいねんて(バシンッ)」
佐野アナ「どうしました?何かありました?」
橘「いや、なんもないっすよ?(苦笑)」
『えっと、いちいち嫌味ったらし、「ィギャァァァッッ」w』
橘「言った、…こいつ言った、言いやがった…」←
将吉「やばいもうあなた最高すぎるッwww」
啓司「誰がどんな風に仕込んだんだろ、、ww」










だから皆なんでそんなにうるさいの、、()
もう早くしないと、作者に強制終了されるんだよってば、←
早くはや……🍓「強制カーーーーッツ(キラシッ)」
…ほらぁ、←












案の定、水泳はTRIBEの圧勝。
現役の時に比べて、だいぶ遅くなってたけど、
まぁ、他の皆が頑張ってくれたから、
結果オーライってことでいいかな、(笑)





佐野アナ「岩本さん速かったですねぇ、」
敬浩「うちのあなたはやたらすばしっこいですからね!」
『やたらってなんだやたらって。』
敬浩「失言しました申し訳ありません」←
『ん、おけ。』←
矢部「そんな事よりも早く逃げておっさんズ発情しかけてるから!!」←










慌ててTRIBEが私の身体をあっちこっち引っ張って
隠そうとしてる、そんな未来が見える、321、(チーン)