無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

異変


side⇋剛典







LIVE TOUR BLUE IMPACT の


事務所でのリハ中の出来事。





















『ねぇ、あなた顔色悪いよ』
あなた「んな訳。大丈夫だよ。」
『いや、結構ホントの話だよ?』
あなた「いいの、悪くないったら悪くない」
あなた「ほら、練習続けるから寄って。笑」

















嘘つけ。俺、いっつも隣で踊ってるのに、
分からない訳ないじゃん。
てか、普段笑わないのに、笑ってんじゃん。
無理してんでしょ。じゃなきゃおかしい。














俺らの言い合いに気づいたのか、


臣さんとNAOTOさんが寄ってくる。














直人「あなた、マジで笑えない。やばい。」
広臣「早く休め、寝なさ…あなた「…やだ、」」















結構な事態になってきて、皆が集まってくる。
室内はもうカオス。


普段滅多に感情を表に出さないあなたが暴れてるから、


周りのスタッフもびっくり。























直己「やだとか言ってる場合じゃないよ。」
あなた「いけるから…大丈夫だから…」
 隆二「絶対大丈夫じゃない。お願い休んで。、」
広臣「休めまじで。」
あなた「やだっつってんじゃん!!」













……すごい荒ぶってる。どうしたあなた、、()
叫んだ途端に、あなたはボロボロと涙を流す。










何があった…?