前の話
一覧へ
次の話

第6話

578
2022/05/02 03:09
(なまえ)
あなた
あぁぁ…オルトに嫌われたかもしれないどうしよう…
あなたは寮の自室の机に突っ伏した。
(なまえ)
あなた
ユニ魔使わなければよかった…
寮生
寮生
……。(あ、女子か…ってぇぇぇ女子?!うわどうしよ落ち込んでるみたいだけどこれは話しかけた方がいいのか、助けてくれギャルゲーまたは乙女ゲー!!)
オタク特有の早口で必死に考える通りすがりの寮生(入学式サボった)の服の袖を、あなたはぐいっと引っ張った。
寮生
寮生
(うわァァァァァァァァァ童貞にはキツイ無理無理無理!!!)
(なまえ)
あなた
ちょっと君、話聞いてくれぇ…
寮生
寮生
あっえっ、あっはい(うわぁ了承しちまったよ俺のバカァァァァ!)
心の中がうるさい。


その後、あなたは寮生に愚痴を聞いてもらい落ち着いたんだとか。
(なまえ)
あなた
一回実家でおにぃの部屋行ったんですわ。それで神ゲーを私は発見したのだ…!あの『スターローグ』を!!
寮生
寮生
『スターローグ』めちゃくちゃ神だよなわかるわ…!俺はあの主人公が…
(なまえ)
あなた
まじそれな、あのシーン私号泣して途中からプレイすんのしんどくなったわ
寮生
寮生
ッスゥゥゥゥゥゥ…よし、同士だ。
(なまえ)
あなた
同士は裏切らない…っ!
ちゃっかり仲良くなった。