無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

お泊まり会!?
あなた

ふぁ~起きちゃった

時計を見るともう2時だった
するとそらが
そらちぃ
そらちぃ
ん~あなた大好き❤
あなた

え、

私はドキドキして寝れなかった。
しばらくすると物音がした
私がぱっと見たらえいちゃんがいなくなっていた。
私が物音のする方に行くと冷蔵庫をあさっているえいちゃんの姿があった。
あなた

えいちゃん何あさってるの!(😠)

話を聞くと、えいちゃんは暑くて氷?みたいのが欲しかったみたいだった
あなた

ごめん!本当にごめん!

エイジ
エイジ
いや、そんな謝らなくても
エイジ
エイジ
あなた可愛いし
ドキッ
エイジ
エイジ
じゃおやすみ!
あなた

お、おやすみ

ますます眠れなくなった。
次は隣で寝ていたみっくんとりっくんが私に抱きついた。
そしてみっくんはあなた僕と付き合って~
と言っていた。
りっくんは、あなたは世界で一番可愛いよ!
これで暑くて、ドキドキして眠れなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らいちぃ❤💙💛💚🍀
らいちぃ❤💙💛💚🍀
今やっている小説⬇ ツリメ短集編 YouTuberの新メンバー(メイン投稿) 終わった小説⬇ アバンティーズ恋愛物語
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る