無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

325
2021/12/11

第8話






番外編『勘違い___。』









エマside




最近マイキーがよくある女の子の話をする




名前も特徴もその子の詳しい情報は教えてくれないけど
その子といると楽しいって言うの









佐野エマ
へぇ〜ウチもあってみたいな〜





そしてマイキーがその子の話をする時にいつも言うの




佐野万次郎
何か真一郎に似てる

















































今日はケンちゃんとデート!




正確に行ったらまだ付き合ってないから
デートではないかもしれないけど
私の中では十分デートだから!




そしてドラケンが住む店の前に立ち
ドキドキしながらドアを開ける




佐野エマ
あの〜…ドラケン居ますか?
あなた
ん?
佐野エマ
えっ…





誰?!
この可愛い女の子!




周りにいる女の人たちと違って
エッチな服着てないからお店の人じゃないのかな?




てことは…




ケンちゃんの彼女?!




あなた
え!
あなた
待って!
あなた
堅にようあった感じ?
あなた
マジでごめん!
あなた
私がパシリに使ったわ
あなた
それで?何のよう?
佐野エマ
いえ…何でもないです…





そういうと私は静かにお店を出て行った




あそこでドラケンと買い物とか言ってたら
きっと彼女さん嫉妬しちゃうよね…




てか、あんな可愛い彼女さんいるんなら
ウチの誘い受けんなよ…




私は鞄から携帯を取り出すと




佐野エマ
『ヒナ〜どうしよう…』
橘日向
『え?どうしたの?!』
橘日向
『とりあえずいつものカフェ集合ね!』





私は思い足取りでカフェに向かうと
少し息切れたヒナと意気地無し君(タケミチ)がいた