無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

368
2021/12/11

第6話






やばい…




一旦隠れなきゃ!




佐野万次郎
あなた?




グイッ




佐野万次郎
うおっ!





私はマイキーの腕を引いて
アトラクションの後ろに隠れた




虎杖悠仁
どこにいんだよ呪霊
虎杖悠仁
さっさと終わらせて飯食いに行こうぜ
釘崎野薔薇
虎杖悠仁
…釘崎は元気ないし
伏黒恵
仕方ないだろ…





ここからじゃ聞こえにくいな…




でも呪霊って言ったよね?
じゃあ探してるのは私じゃないんだ!




良かった




佐野万次郎
ねぇ何で隠れてんの?
あなた
しーッ…
佐野万次郎
ん?
佐野万次郎
…あれ誰だよ…
あなた
元友達…
佐野万次郎
あんなキモい奴が?
あなた
…へ?





私はマイキーの視線の先に目をやった




そこには…




あなた
呪霊!
あなた
まぁ別に特級って訳でもないから大丈夫か
あなた
雑魚がゴロゴロと
あなた
…てかマイキー見えてんの?
佐野万次郎
いや何あれ?
佐野万次郎
結構くっきり見えるけど





さすが私と同じ目!




すると野薔薇たちが呪霊の存在に気が付き
攻撃を始めた




よし!




3人が戦ってる今ならいける!









私は一気に駆け出した




ふと私は1番大切なものを忘れていた




佐野万次郎
あなた置いてくなよ!





するとマイキーの頭上に呪霊が…




あなた
マイキー危ない!
虎杖悠仁
まだガキが残ってんじゃん!





仕方ないもう私が行くしかない…