無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第1章 君と僕 〜彼女の元へ…〜
中村さんは昔とどこも変わってない。
変わったところといえば、喋るようになったこと?
円に連れられて久しぶりに中村さんに会った時に、初めて彼女の声を聞いた。

…彼女はほんとに中村さんだった。それに間違いはない。
彼女も、もしかしたら俺を覚えてるんじゃないか?

…いや、ほとんど接点がなかったし、覚えてないかも…


…って、俺さっきからずっと中村さんのことばっかじゃんw
マサイ
マサイ
はぁ……
あの後、皆で連絡先、LINEを交換した。

明日は撮影で行けないってLINEしとこ。
マサイ LINE
明日は撮影でそっち行けないです。
マサイ
マサイ
…既読ついた。はやっ
雪菜 LINE
わかりました。いつでも待ってます。
マサイ
マサイ
…いつでも待ってますって、なんか嬉しいなw
撮影
マサイ
マサイ
よっ
シルク
シルク
お!来たな〜
ダーマ
ダーマ
遅かったな。
マサイ
マサイ
…その子、誰?
ンダホ
ンダホ
行く宛がないみたいだから、連れてきた。
マサイ
マサイ
ンダホが?
ンダホ
ンダホ
うん。
マサイ
マサイ
君、名前は?
いな子
いな子
…いな子。
マサイ
マサイ
俺はマサイ。よろしくな。
いな子
いな子
うん。
いな子
いな子
私、まだ小学3年生なの。
村井家の長女よ。知らない?
ダーマ
ダーマ
村井って…!あの!?
モトキ
モトキ
ダーマ、何か知ってるの?
ダーマ
ダーマ
知ってるも何も、有名だぞ!
結構な御曹司!
ダーマ
ダーマ
そこの長男が今社長やってて、最近、ゲーム会社と契約してたってニュースでやってたぞ。
ザカオ
ザカオ
そのニュース知ってる!今朝やってた!
マサイ
マサイ
…ンダホ、明日暇?
ンダホ
ンダホ
暇だけど…なんで?
マサイ
マサイ
いな子ちゃんを、ここに連れてって欲しいんだ。もちろん、ンダホも一緒に。
マサイ
マサイ
帰りも一緒に帰ってきて。
ンダホ
ンダホ
ここ?
マサイ
マサイ
うん。行けば分かるよ。
ンダホ
ンダホ
わかった。
マサイ LINE
明日、友達が女の子とそっち行きます。
よろしくお願いします。
雪菜 LINE
わかりました。マサイさんは来れますか?
マサイ LINE
…ごめんなさい。用があって。
雪菜 LINE
わかりました。いつでも待ってます。
翌日
ンダホ
ンダホ
…ここかな?
いな子
いな子
地図にはここってなってる
ンダホ
ンダホ
入ってみる?
いな子
いな子
うん。入ってみよ。
雪菜
雪菜
あら。いらっしゃい。
円
マサイが言ってた人!?
雪菜
雪菜
あぁ、マサイさんから聞きました。
中村雪菜です。
円
円!よろしくね!!!
ンダホ
ンダホ
ンダホ!こっちは…
いな子
いな子
いな子。村井いな子だよ。
雪菜
雪菜
村井…ということは、あの有名な…?
円
みーちゃん、知ってるの!?
雪菜
雪菜
うん。
雪菜
雪菜
【ダーマが言ってたことを話す】
雪菜
雪菜
…そして、昨日、社長さんの妹さんが行方不明になったと、ニュースで。
ンダホ
ンダホ
…よく知ってるね。
円
今日のニュースの全部をみーちゃんは頭に入れてるの!
いな子
いな子
…すごーぃ
円
いな子ちゃん、だよね?何年生?
いな子
いな子
小学3年生。円ちゃんは?
円
あたし、中一!
いな子
いな子
私より年上さんだ…!
円
みーちゃん…この子、めっちゃ可愛いw
雪菜
雪菜
私も思った。