無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第1章 君と僕 〜やっぱり…〜
マサイ
マサイ
ふわぁ……
俺は朝早くに起きた。大学生だしw

あれから結構話し込んで時間があっという間に過ぎてった。

…あれには少しびびったw
昨日の雑談室
雪菜
雪菜
…そういえば、マサイさん、
あなたお使いの途中なのでは?
マサイ
マサイ
…あっ
円
もしかして、図星?
マサイ
マサイ
…忘れてた…
円
凄いみーちゃん!また当たった!
マサイ
マサイ
またって?
円
みーちゃんはね、いつも探偵みたいに軽い推理をする時があるの!しかも、それは全部当たり!
マサイ
マサイ
…えっ
まじか…今になっても学力は下がらないのか…
すげー…
雪菜
雪菜
【照れてる】
…あっ、照れてる…可愛い…
現在

…って、やっぱり探偵みたいだったな…
マサイ
マサイ
いっけね!準備しないと!
大学
ぺけたん
ぺけたん
マ〜サ〜イ〜!!
おっ、ぺけたんか。待たせちゃったな。
マサイ
マサイ
お〜待った?
ぺけたん
ぺけたん
全然!
マサイ
マサイ
そっかそっかー
こいつはぺけたん。俺が1番仲良くしてたやつ。
今はぺけたんと同じ大学に通ってる。
ぺけたん
ぺけたん
今日もシルクが撮影するって言ってたよ。
マサイ
マサイ
あー…わりぃ俺今日行けねーわ。
中村さんが心配っていうのもあるんだよな…あの建物じゃ…それに、また行ってみたい。
ぺけたん
ぺけたん
えっ、どうしたの?何か用事?
マサイ
マサイ
ちょっと行きたいところがあってさ。
ぺけたん
ぺけたん
えっ、俺も行きたい!
六花
六花
マサイー!ぺけー!
ぺけたん
ぺけたん
あ!六花!!
マサイ
マサイ
今着いたの?
六花
六花
だからここにいるんでしょ!
彼女は室井六花。同級生達からいじめられてる。
理由はわからないけど、俺達で六花を守ることにした。ちなみにぺけが六花に片思い中w
六花
六花
二人とも、今日暇?
マサイ
マサイ
俺はちょっと行きたいところある
ぺけたん
ぺけたん
俺も着いてく!
六花
六花
おーっ!じゃあ、私も行く!
ぺけめっちゃ喜んでるw
…よしっ、行くか。
学校終わりの放課後     雑談室
六花
六花
マサイが行きたかったのってここ?
マサイ
マサイ
うん
ぺけたん
ぺけたん
結構古いね〜なんていうとこ?
マサイ
マサイ
名前はないんだよな〜
六花
六花
えっ、そーなん?
マサイ
マサイ
中にいる人は優しいよ。
六花
六花
そっか!
昨日も会ったけど…迷惑じゃないかな?
ぺけたんと六花も連れてきちゃったし…

…ん?そーいえば、ぺけも高校一緒だっから、中村さん、知ってるんじゃ…
ま、いいか。
雪菜
雪菜
あら、いらっしゃい。
円
おー!マサイ!
六花
六花
えっ、マサイ知り合い?
マサイ
マサイ
あー、まぁ。
雪菜
雪菜
ようこそ。そちらは、マサイさんのお友達?
マサイ
マサイ
あー、はい。そうです。
ぺけたん
ぺけたん
ぺけたんです!
六花
六花
室井六花。よろしくね!
雪菜
雪菜
はい。よろしくお願いします。
私は中村雪菜です。
やっぱり!中村さんだ…!
円
あたしは円!中学1年生だよっ!!
仲間が増えて、嬉しいな…