無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
326
2021/07/09

第3話

part2
朝の診察するよ
めい
めい
ふぇーん
めいちゃんはご機嫌ななめだった
紫耀
紫耀
おいで
めい
めい
しょぉせんせい
ギュ
紫耀
紫耀
可愛いな
廉
紫耀、ここに居たか
紫耀
紫耀
どうした?
おと、ことね、ゆめが注射嫌がってて
おと
おと
うゎぁーん
ゆめ
ゆめ
イヤイヤ
ことね
ことね
しょぉせんせい助けてぇ
バタバタ
海人
海人
ゆめちゃんつかまえた
ゆめ
ゆめ
やめてぇ
岸
おとちゃんもつかまえた
おと
おと
こないでぇ
ことねはすばやいのでなかなかつかまえられなかった
ことねはトイレに駆け込んだ
廉
ことねはどこいったん?
まあ、いいや。あとからできるし
とりあえず、2人の注射しよう
廉
さて、ゆめちゃん注射するで
ゆめ
ゆめ
いやぁ
廉
すぐ終わるで
ゆめ
ゆめ
バタバタ
海人
海人
大丈夫だから
ゆめ
ゆめ
うん
チク
ゆめ
ゆめ
いたぁい
廉
痛いなぁ。終わったで
海人
海人
ゆめちゃん病室戻ろうか
ゆめ
ゆめ
うん
廉
おと注射するで
おと
おと
いやぁ
岸
おと大丈夫だよ
おと
おと
ブルブル
玄樹
玄樹
おとおいで
めい
めい
やっ
神
大丈夫だからおいで
めい
めい
いやぁ
おとは、しょぉくんじゃないとだめだった
紫耀
紫耀
ごめんね。廉の方が上手いよ
めい
めい
ヤダヤダ
廉
わかったから、もう病室戻ろうか
めい
めい
うん
おとは病室に戻って注射をした
神
俺、ちょっとことねのこと見てくる
廉
お願い