無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

紅魔館からの招待
魔理沙
魔理沙
どこか行くと言ったものの、どこ行く?
霊夢
霊夢
先に決めときなさいよ
2人はのんびりと空を飛んでいた
魔理沙
魔理沙
妖怪の森行くか?
霊夢
霊夢
異様に絡んでくる奴いるから却下
魔理沙
魔理沙
んー…魔法の森は?
霊夢
霊夢
暗くない?
魔理沙
魔理沙
まぁ確かに
霊夢
霊夢
決まんないわね
魔理沙
魔理沙
確かにな
咲夜
咲夜
そこのお二人さんちょっといいかしら?
魔理沙
魔理沙
ん?
霊夢
霊夢
2人は後ろを振り返る
咲夜
咲夜
どうも
魔理沙
魔理沙
咲夜!
霊夢
霊夢
何か用?
咲夜
咲夜
お嬢様がお呼びよ…来て欲しいって言っているわ
魔理沙
魔理沙
急用か?
咲夜
咲夜
ええ
霊夢
霊夢
じゃあ行きましょ
咲夜
咲夜
話が早くて助かるわ
魔理沙
魔理沙
待てよォ!
霊夢
霊夢
遅いのが悪い
魔理沙
魔理沙
ちぇー
咲夜
咲夜
なるべく急いで
霊夢
霊夢
ハイハイ
魔理沙
魔理沙
分かったぜ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

櫻エビ
櫻エビ
主に東方の小説を中心にやります…時々違う小説もやります
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る