無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

129
2021/11/09

第28話

ㅤ.










ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤ…ㅤわㅤ、 ごめんㅤ
ㅤ風邪ひかせちゃうㅤ..ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤ大丈夫だってㅤㅎㅤ













焦る俺と 隣で小さく笑うぬな


何処か懐かしいこの雰囲気に心が洗われるㅤ.







いつの間にか雨はほとんど止んでいた


祝福してくれているような虹が空にかかっていた












ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤ…ㅤどうしようㅤ,
ㅤここじゃ危険だしㅤ…ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤ私の家 来るㅤ?ㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤいいの っㅤ?ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤもちろんㅤㅎㅤ
















練習あるけどㅤ…ㅤと思いながらも


この濡れた格好じゃまともに出来ないだろうしㅤ.




此処に長居するのも危険だと思って


そしてㅤ…ㅤもっとぬなの側にいたくて


ぬなの家に向かうことになったㅤ.
















ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤメンバーさん達はどうされますㅤ?ㅤ
ㅤㅤmj
ㅤㅤmj
ㅤ…ㅤえ 、 あㅤ…ㅤ
ㅤㅤyn
ㅤㅤyn
ㅤついて行っても良いんですかㅤ!?ㅤ
ㅤㅤty
ㅤㅤty
ㅤユノㅤ…ㅤ













少し離れた場所でㅤかくれんぼするみたいに


ひょっこり顔を覗かせるメンバー達ㅤ.






大丈夫ですよㅤ、 と快く承諾してくれ


一緒に行く事になってしまった





…ㅤ2人きりがよかったなㅤ,ㅤなんて言葉は


俺の心の中に留めておくㅤ.


















ㅤㅤsn
ㅤㅤsn
ㅤ…ㅤすごいㅤ、 広い    ..ㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤぬなㅤ、 免許持ってたっけㅤ?ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤ一昨年取ったのㅤ、 ㅎㅤ













久し振りにみたぬなの 優しい笑顔が愛おしいㅤ.


乗って乗ってㅤ、 と誘導され


ポルシェの快適な車内に座ったㅤ.







…ㅤ勿論ㅤ,ㅤ助手席は俺ㅤ.