無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

127
2021/11/11

第30話

ㅤ.










ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤ着きましたㅤ〜ㅤ
ㅤㅤsn
ㅤㅤsn
ㅤわぁㅤ、 広いㅤ…ㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤ…ㅤ旦那さんと2人でㅤ?ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤううんㅤ、   今は単身赴任中なのㅤ,ㅤ












1人で住んでるんだㅤ、 と微笑む彼女が


何処となく切なく感じた


端から端が一度に見えないくらいの広さ


流石 社長令嬢ㅤ、 といったところだ















ㅤㅤmj
ㅤㅤmj
ㅤ綺麗なお家ですねㅤ、   
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤありがとうㅤ、 ㅤㅎㅤ














大きなリビングに通されて


メンバーも俺も目を丸くしていた



こんなに大きな部屋ㅤ、


一体何人家族用だㅤ?ㅤと疑う程ㅤ.












出てきた珈琲を飲みながら


楽しく雑談していた


ふかふかのぴんく色に包まれる


ぬなと同じで優しい柔軟剤のするタオルㅤ.















ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤ…ㅤありがとうㅤ、   
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤいえいえㅤㅎ
ㅤそれでㅤ〜ㅤ、、、ㅤ
ㅤㅤyn
ㅤㅤyn
ㅤあははㅤㅎㅤ













…ㅤなんだかむかついてくるㅤ.


どうしてㅤ、 俺じゃないのㅤと


ぬなの顔を見つめた





嫉妬深いのは嫌いだっけㅤ 、


ぬなの理想はこんなのじゃないかなㅤ…ㅤと


ちょっとだけㅤ…ㅤ不貞腐れたふり
















ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤせじゅな   っㅤ?ㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤなにㅤ、 、     ?ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤ呼んだだけㅤっㅤㅎㅤ













隣に座ってきたかと思ったら


指先に少し暖かい感触ㅤ.






不思議に思ってぬなの顔を見るとㅤ、


悪戯な小悪魔みたいな笑みを浮かべて


指を絡められるㅤ.
















ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤ…ㅤ、   
ㅤㅤu
ㅤㅤu
せじゅなㅤ、 好きだよ










俺の気持ちを読み取ったみたいに


突然そんなことを言い出しては 可愛らしく笑顔を浮かべた


それだけでもう幸せだったㅤ.