無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

136
2021/11/08

第27話

ㅤ.










ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤぬな っㅤ..ㅤ!ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤ…ㅤㅤ嘘ㅤ、 でしょㅤ,ㅤ












ぬなが驚いて大きな目をさらに開いた


ずっと鼓動が早いままだ


あの時のように軽く目眩がするㅤ ,















ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤ会いたかったㅤ…ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤせじゅなだぁ  、
ほんとにせじゅなだ っㅤ..ㅤ












会いたかったㅤ、 何度も呟いた


ひたすらにその身体を抱きしめた


この温もりを感じたかったんだㅤ,












ㅤㅤyn
ㅤㅤyn
ㅤひょん っㅤ、 !ㅤ
ㅤㅤsn
ㅤㅤsn
ㅤ、、ㅤえㅤ、  













優し過ぎる彼女の心地のいい声ㅤ、 匂い



久々に見たぬなのㅤ、 変わらない姿ㅤ.








何もかもが 俺を安心させて



暫くその香りに包まれていたㅤ.














ㅤㅤmj
ㅤㅤmj
ㅤひょんのこんな姿ㅤ、ㅤ
ㅤ見たことないㅤ…
ㅤㅤty
ㅤㅤty
ㅤ…ㅤひょんㅤ、、ㅤ













長男ㅤ、 だからㅤ.


しっかりしなくちゃㅤ.






そんな思いが


今では首輪みたいに俺を締め付けた





優しく頭に触れㅤ、


頬に触れㅤ、


にっこりと微笑む彼女は


神秘的でㅤ、 心が洗われるようでㅤ,














ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤㅤsjㅤㅤ
ㅤぬなぁㅤ…ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤせじゅなぁㅤ、  会いたかったㅤ...ㅤ
ㅤㅤu
ㅤㅤu
ㅤ好きだよㅤ、 愛してる っㅤ..ㅤ












口から溢れる声は


あまりにも情けなくて頼りないㅤ、


少年ㅤ、 かんせじゅんの声ㅤ.





今だけはㅤ、 彼女が此処で優しい言葉をかけてくれる時だけはㅤ、




このままで居たいㅤ.