無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

155
2022/04/03

第25話

ㅤChapter 3







     u side









今日も同じ月が昇る .


頭に浮かぶのは勿論あの人のことㅤ .


彼には会えないんじゃないかと


日を重ねる毎に強く思う











別れてから全て平行線で進んでいる


交わることのない直線ㅤ .


少しでも曲がっていたらㅤ少し内側に傾けば


何は会うことだって可能だと .














ㅤㅤu
ㅤㅤu
 ㅤもういい加減諦めないとㅤ … 















いい歳した既婚者のおばさんなんて ㅤ、


スーパーアイドルのお相手にもならないわ と自虐した


紛れもない事実が胸を突く















…ㅤ きっかけが有れば会えるかなㅤなんて


まだ何処か期待してしまう


依存してるんだ , ㅤ会えない彼の存在にㅤ .













ㅤㅤu
ㅤㅤu
 ㅤ… ㅤㅤ約束ㅤ、   

















あの日交わした約束 .


ライブの日の吸い込まれるような瞳


私に向けられたものだと確信すると同時に


なんだか胸が暖かくなる .











気がつけば雲が空と月を覆っていた


突然の睡魔に襲われてそのまま眠りについた .


この小さな胸騒ぎの正体を知りたい


明日は何かが起こりそうな予感がしていた