無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

643
2021/08/23

第5話

4・ラブホ🔞🔞🔞
⚠︎しょうかいです⚠︎




































「紫耀大好き♡」


それはどっちの意味なの、海人、俺本気になるよ?まぁ男とは付き合えなきけど笑遊び相手にはなってやるよ
































海「紫耀。ラブホ行こ?」


紫「なんで?」


海「紫耀に抱いて欲しい」


紫「ふぅん、別にいいよ」


海「本当に!」


紫「本当に」


海「やった!!早くいこ」


紫「うん」











































紫「海人、」


わざと耳元で呟く


海「ンッ/////」


紫「ふふっ、顔真っ赤♡」


海「/////」


紫「脱がすよ?」


海「うんっ」


紫「キレイだよ、海人」


海「/////、恥ずかしい、/////」


紫「大丈夫。隠さないで?」


海「ンンン、」


チュッ、クチュックチュ、、チュパッ


海「/////、、、ンンゥ…アァン、、、/////」


紫「かわいい、♡」


海「/////」


紫「触るね」


海「/////、いちいち言わないでよっ、、、/////」


紫「そぉ?」


チュパッ…チュッ、チュパッチュパッ


海「アァァンッッ…ンッ、アンッ、、、ウゥゥ♡」


海人の身体中を舐めまわすようにキスをおとす


海「しょぉ、、ンッ/////、、、触ってぇ、、、ンンゥ」


紫「どこ?」


海「ンンン/////、わかってるでしょ、、?」


紫「わかんない」


海「海人のちんちンッ/////」


紫「ふふっ♡かわいっ」


ブニュッ


海「アァァンッ!、かい、、ちゃん、、壊れちゃ、うぅ/////、、、ンンゥ…ンッ、アンッ、、、ウゥゥ♡」


紫「もっと壊れろよ」


海「ンッンッンッ/////、しょ、ぉ、もっとぉ、/////」


紫「ん?もっと?」


海「しょぉの、ちょうだい♡、」


紫「ん、いいよ」


ズボッ


海「ンッンッンッ、」


シュポシュポシュポシュポ


紫「アァァァァァ"…気持ちいよっ、アァァンッ、海人」


海「きもひぃ?」


紫「ちょっ、そこで喋んなっ、アァァンッ」


海「しょぉ、の、におい、ンッ、おいひぃ」


紫「ンンン/////、アァァンッ」


海「しょぉ、、イクッ、♡」


海「ンンン、しょぉ、、、挿れて、?♡」


紫「お前の出せっ、俺の手に垂らして」


海「なんでっ?、、、ローションは?」


紫「お前のやつのがいいから」


海「わかった、」


シュコシュコシュコシュコシュコシュ


海「アァァァァァ"イクッ、」


ビクビクッ、

ドュピッ


紫「、、、/////、けつ向けろ」


自分のものに海人の精子をつけ、
海人の腰をしっかりと掴み鳴らさず突っ込んだ


海「アンッアンッアンッ/////、、らめっ、いくぅ」


紫「まだダメ」


海「なんれぇ、」


紫「一緒にいくぞ」


海「ん、」


海)ビクビクッ

ドュピッ

紫)ドュピッ


海「しょぉ、」


紫「/////」


海「しょぉ、?」


紫「上目遣いやめろ」


海「えっ、あっ、ごめん/////」


紫「別に」


海「しょぉ、、大好き♡」


海「付き合お」













































紫「ごめん、それは無理」