無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

739
2021/08/21

第3話

2・何してんの、、




















チュッ






廉の顔が近ずいてきて…そのまま、、あたった?あったよね、?きっと






























海「れんっ、何した、、?」


廉「ごっごめんっ」


海「て事は、、ちゅ〜した!?、」


廉「だってぇ、、可愛すぎるのが悪いやん」


海「意味わかんないっ、」


廉「ごめんって、そんな怒らんといてや」


海「怒るに決まってんでしょ!!俺好きな人いるのぉ!!」


廉「はぁ?」


海「何?廉には関係無い!」


廉「あるやろ、メンバーやぞ」


海「無いもん!」


ガチャ



紫「どうしたの?笑、喧嘩?」


海「しょぉ〜(泣)」


ギュッ


紫「おっ、、おうっ」


海「紫耀かっこいい♡」


紫「ふふっ、ありがとね」


海「明日紫耀ん家行っていい?」


紫「明日?、夜なら!!朝は撮影」


海「撮影なのにいいの?明後日でもいいよ?」


紫「いいよ笑」


海「ほんとに?ちゃんと言ってね」


紫「うん!ちゃんと言うねっ!」


海「ふふっ、/////」


何照れてんねん、、あいつっ、好きな人、紫耀なん?


紫「れん?どうしたの?」


廉「ん?いやっ、何でもないっ、で?」


紫「そう?」


海「ねぇね!紫耀、トイレついてきて?」


紫「うん、いいよ」


海「紫耀は優しいねっ優しくしてくれる人大好き!♡」


紫「そっかそっか、ありがとね、」


海「紫耀は?俺の事好き?」


紫「もちろんっ!」


海「どうゆう意味で?」


紫「ん?メンバーと大親友!!」


海「そっか、そうだよね!」


紫「うん、」














































ガチャ





海「みんな居るじゃん!!」


紫「ほんとだ笑」


勇「何してたの?笑、こんな遅くまで笑」


紫「トイレで話してただけだよ?笑」


玄「そうだよ、神宮寺、何聞いてんの?笑」


海「どうゆう意味?、」


廉「なぁ、海人、もう終わったやろ?早く帰ろ」


海「帰る?あっ、、そっか、」


海「うん、」















































































「こんな事になるんだったら、来なきゃよかった、」