無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

この秘密の美術館での注意事項
管理者
管理者
ようこそ
管理者
管理者
秘密の美術館へ
管理者
管理者
わたくし
管理者
管理者
私はこの美術館の管理者...
管理者
管理者
とでも言いますか
管理者
管理者
お見知り置きを...
管理者
管理者
ただいまからこの美術館での
ルール注意事項を言います
管理者
管理者
1回しか言いません
管理者
管理者
心よく聞いてください
・この美術館の中では静かにしてください
・この美術館はイラスト作品や
風景画とうを展示しております
・悪口は御外おそとでお願いします
・ジャンルが様々でございます
そちらはご了承ください
・お困りの際はいつでも
わたくし管理者を呼んでください
・この美術館の作品は下手でございます
ご了承くださいませ
・もしもこの美術館の批判等を言われた
際はすぐさま排除・・致します
ご了承くださいませ
・この美術館にも四季がございます
そのつどに何かが変わります
特に表紙を注目されたら分かると思います
管理者
管理者
いちよう迷子になった際の為に
案内用ブック閲覧用のルールブックをお渡ししますね
管理者
管理者
それではいきますか
管理者
管理者
秘密の美術館へ現実ならぬ世界へ
管理者
管理者
どうぞごゆっくりしてください