無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

よん
涼太
涼太
なにがあったの


説明中
涼太
涼太
そんなこと笑笑
you.
you.
わ、私の大好きな人は亜嵐だけなのに…
涼太
涼太
大丈夫って。
涼太
涼太
亜嵐のことだからすぐ来るよ

その頃
亜嵐
亜嵐
なんだよ、
亜嵐
亜嵐
玲於も隼も知らねーなら……
亜嵐
亜嵐
あいつしかねーな

涼太
涼太
電話だプルルル
you.
you.
いやだ、絶対亜嵐
you.
you.
いないって言って
涼太
涼太
いーの?
you.
you.
いーの!
涼太
涼太
もしもし、亜嵐?
亜嵐
亜嵐
あなたいるだろ
涼太
涼太
え、来てないよ
亜嵐
亜嵐
はぁぁ…まじかよ
涼太
涼太
なんかあった?
亜嵐
亜嵐
俺の嫉妬でどっか行ったんだよ
亜嵐
亜嵐
俺、どうすれば…
涼太
涼太
…(亜嵐も可哀想なんだよな…)
亜嵐
亜嵐
もう無理なのか……あなたとは
涼太
涼太
そんなことないだろ
亜嵐
亜嵐
まぁ、いい。見つかったら教えて
涼太
涼太
わかった

you.
you.
あらん…
涼太
涼太
だから戻ってあげて?
you.
you.
わかった…
you.
you.
亜嵐も仕事で疲れてるもんね…
涼太
涼太
…じゃぁ、またな
you.
you.
うん、また今度来るね!

涼太side






離したくなかった











あなたを









亜嵐と付き合っていたとしても














俺は

















ずっと好きなのに___