無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

873
2021/05/13

第3話

ひゅうがくん
ここが  俺の家   

とりあえず はいって 。

そう言うと その人は

家に入れてくれた


『俺の服貸せるから』ゆっくり お風呂に入って

身体温めてきて 。 その後 話聞かせて

貰えるかな、、? と聞かれて

私は ちいさく "コクッ"と頷いた


その人は "ニコッ"と笑って 頭を撫でてくれた 。


あ、俺の名前 『渡辺彪雅』って言います 。

見た目怖くていかついけど、怖がらないでね?笑




◯◯side
ひゅうが.. 。 ずっと あいたかった 。
ずっと片思いしてて. 引っ越して
会えなくなって 、、、

でもここは知らないフリをしよう
ひゅうがも忘れてるっしょ、、
______________________





ひゅうがさん、、、ほんとに
ありがとうございます!!
深くお辞儀をして


私の名前は あなたですと
自己紹介をした。





______________________




あなたちゃんね。 よろしく!!

ほら 早く風呂はいって!!


そう言われて お風呂には言った 。



ひゅうがside

やっぱりあなただ。
俺の初恋で片思いしてる人
てか 1人で泣きながら帰るのは
ガキの頃から変わらねぇな。笑
俺の事覚えてねぇのか??