無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

906
2021/05/06

第2話

出会い2

?? side

ある 冬の 寒い日
俺は 傘をさしてコンビニ向かってた
こんな土砂降りの中なのに傘もささず
泣いててびしょ濡れになってる女性を見つけた 。
『あれって…、、』
その人は 俺の 初恋の人に似てた 。
とっさに足が出て 『大丈夫ですか??』『風邪ひきますよ』と言って 傘の中に入れた




























急に声をかけられ.傘に入れてくれた男性.
「すみません…ッ 」 「ありがとうございますッ」と
お礼を言おうとして. 俯いてた顔を上にあげた 。
「…ッ」 この人私の初恋の人に…似てるッ 。

















『俺ん家近いんで雨宿りしてってください』
『良かったらお風呂も入ってください』 と

言ってくれた 。











ここから家も遠いから


「ありがとうございます」

「迷惑かけてしまってすみません」



と言って 彼の 家に 行くことにした 、








『寒かっただろ?』 と


言って 私の手を握りしめてくれた 。



















??side

俺は 咄嗟に その子の手を握りしめた 。
その子の手は とっても冷たかった
ずいぶん ずぶ濡れになったんだな 。