無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

823
2021/05/26

第6話

ひゅうが

『俺の事忘れたの』 『あなた』


私は その言葉で 涙が 溢れた 。



「ひゅうが…ッ」 「会いたかったよ」

泣きながら ひゅうがを 抱きしめた 。




『覚えててよかった』 そう 答えると

抱きしめて 『俺も会いたかったよ』

『会いに行けなくてごめんなッ』そう言って

優しく 抱き締め返してくれた 。





私は ひゅうがに抱きしめられ

泣きながら さっきの出来事を

話した 。



ひゅうがは何も言わず 黙って

話を聞いて 背中をさすってくれた



『辛かったな』 『もう大丈夫だから』

『おれがいるだろ?』 『もう泣くな』

と言って 泣き止むまで抱きしめてくれた






NEXT