無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話
ガラガラ
ラウール
「あ!北斗くん!おかえり!あなたちゃん!大丈夫…?」
あなた
「あ、うん…!大丈夫だよ!」
女の子達
「ザワザワ」
目黒
「よっし。あなたちゃん。行こっか!」
あなた
「え?…」
松村
「ほら。行くぞ。」
ラウール
「先生ー!僕達早退しまぁーす!」
先生
「お、おう、」
ガラガラ
あなた
「あの、えっと、」
目黒
「北斗から事情は聞いてるから安心しろ。」
あなた
「あ、はい、」
ラウール
「まだかなぁ、」
松村
「そろそろ来るって」
バタバタ

「おまたせ!」
目黒
「遅いですよ。」

「女子に捕まってたんだからしょうがないだろ!」
松村
「なんですかそれ。モテてる自慢?」

「うるせっ!」

「で?この子は?」
目黒
「この子を可愛くしてもらおうと思って!」

「なんで?もう十分可愛いじゃん」
ラウール
「可愛いよ!こんなに地味でも可愛いのが滲み出てるよ!でも、もっとちゃんとすれば絶対にもっともっと可愛くなるもん!」

「まぁ、いいんじゃない?w」
松村
「じゃあ、向かいながら自己紹介するか。」

「AHAH!」
目黒
「なんすか急にww」






💗 ナナ