無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話
コンコン
あなた
「失礼しま…って、誰もいないじゃん…」
適当にベットに横たわって授業をやりすごとうとした……
あなた
「ん…あれ、寝ちゃった…って、わっ!」
うっかり寝てしまった。
それより。なんでこの人がここにいるの?
あなた
「……」
松村
「……」
え、何この沈黙。
あなた
「あのっ、(同時」
松村
「あのっ!(同時」
あなた
「あ、ど、どうぞ、」
松村
「あ、じゃあ、」
こうやって、話してて女の子達が見てるかもしれない…
でも、沈黙もあれだしさぁ!!←だからキャラ…
松村
「体調…大丈夫?」
あなた
「あ、心配かけたならごめんなさい…はい、大丈夫です、」
松村
「ねぇ、なんで俺らと話してくれないの?」
あなた
「え、あ、そ、それは、」
松村
「だってさ、教室では話してくんねぇのに2人になった途端話してんじゃねぇか。」
あなた
「………」
松村
「なぁ、教えてくれよ、」
あなた
「……」
松村
「言えないことか?」
あなた
「貴方には、貴方には分からないでしょ!私の気持ちなんて!皆に囲まれてさ…!」
八つ当たりしちゃった…
松村
「……。そんなの偏見だろ!俺だって、やられたことぐらいあるよ……」
あなた
「え……?」
松村
「俺だって、昔はいじめられてた、でも、アイツらが助けてくれて、だから、俺も、お前を助けたいと思ったんだよ…」
あなた
「そ、そうだったんだ…ごめんなさい…」
松村
「だから、俺達にお前を助けさせてくれ」
あなた
「はい…泣」
松村
「ほら、泣くな泣くな、」
あなた
「うん、泣」
松村さんって優しいんだ…
松村
「あと、それだと戻れないだろうから、」
あなた
「あ、そうだ、びしょ濡れ…」
松村
「ほら、これ着ろ」
あなた
「でも、」
松村
「いいから。」






💗ゴ