無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
地味な私に話しかけてくるイケメングループ
ファンクラブが出来るほどの人気者、
私とは全くの別世界の人達なのに
私に絡んでくる。
私はこんなことを望んでない。
でも、少し嬉しい。
心がポカポカする。
なんだろうか。
こんな私でも、友達になれるかな…
────────────────
´ω`)ノ こんぬづわ
ふうかざわですん💗💗🥺
あのね。
新しく作ったんだけど、
お願いだから、いいねとお気に入りよろしくお願いします💗💗🥺🥺
あと、私ってさ、いつも気まぐれ投稿だったじゃん?
だから、いいねが ゴいったら公開しまーす!💗
とか、そんなようにやっていこうかなーって思って!💗🥺
まぁ、これは、プロローグだから ゼロ💗だけどね🥺🥺
あと、これから中間テスト期間だから、更新遅くなるかもだけど、ゆるじでぐだざい。🙇‍♀️🙇‍♀️
久しぶりに伸びたりしないかな。(コソッ