無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話
山田
「山田涼介です」
あなた
「山田?!、」
山田
「あなた様。」
あなた
「どうしたの?」
山田
「学校からあなた様が抜け出したと連絡がきました。」
あなた
「……」
山田
「まぁ、今日はパーティがありますから、迎えに行くことは同じでしたが。」
あなた
「………。」
山田
「手間をかけさせないでください。では、行きますよ。支度があります。」
あなた
「みんな、ありがとうね、もう私に関わらなくていいよ、じゃあ、」
ジェシー
「まっ…」
目黒
「あのっ!俺らもその、パーティに行っても…いい、ですか?」
あなた
「え…?」
髙地
「そ、そうですよ!僕達も行かせてください!」
山田
「来てもいいですけど、余計なことをしないでくださいね。」

「は、はい」
家着___
メイド達
「お帰りなさいませ」
あなた
「…ただいま、」

「あ!お姉ちゃん!」
あなた
「レイ、ただいま(ニコ」
レイ
「おかえり!」
目黒
「弟さん?」
あなた
「あ、はい」
レイ
「お姉ちゃんのお友達?」
あなた
「あ、そういうことにしとくわね」
レイ
「レイです!よろしくね!」

「よろしく〜(◍˙꒳​˙◍)」

「あれ?あなた(笑)おかえり!」
あなた
「あ、お兄様、」
海斗
「あなたのお友達かな?よろしく!あなたの兄の海斗です!」

「よろしくお願いします」
海斗
「あなた、おいで!髪結ってあげるよ」
あなた
「でも、」

「海斗様ぁ?海斗様はご自身のご準備があるでしょう?💢」
海斗
「あ、ゆ、ユイ、、」
ユイ
「さ、行きますよ!」
海斗
「あぁ〜」
森本
「賑やかだねw」
あなた
「まぁ、(笑)」

「あなた様」
あなた
「あ、勝利」
勝利
「さ、ご準備なさいますよ。皆様は他の執事達がやってくれますので」


💗ゴ