無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12話
あなた
「風磨、皆はどこにいるの?」
菊池
「こちらです」
バタバタ
ガチャッ
あなた
「え…何、これ、」
菊池
「大丈夫です、皆さん眠っているだけですよ、」
あなた
「ねぇ、菊池?」
菊池
「はい、」
あなた
「ちゃんと、後で説明してくれるかしら。」
菊池
「はい。」
皆を運んで…
あなた
「こっち。」
菊池
「はい。」
あなた
「ねぇ。何がどうなってんの?ちゃんと1から説明して。」
菊池
「はい。まずは、レイ様のことから、レイ様は、昔から闇の深いお方でした。私共では、抑えきれないほどの。その闇が、今回のことで爆発したのかと…」
あなた
「今回のこと?」
菊池
「はい。あなた様がお友達を連れてきたでしょう。レイ様は、あなた様の苦しんでいる姿がお好きなようで…あなた様が笑顔になったから、お友達を消そう。と企んでいました。」
あなた
「そう、やっぱり私になんか、友達は要らないわ。私といても不幸になるだけよ。」
菊池
「ですが、」
あなた
「今日はもういいわ。皆を家に返してあげて、あと、謝罪の物を持っていきなさい。」
菊池
「はい。」
コンコン
あなた
「はい。」
山田
「失礼します。盗み聞きするつもりはありませんでしたが、最後の方だけ聞いていました。菊池、皆を戻してやれ。」
菊池
「はい。」
ガチャッ
山田
「あなた様。あなた様の大切なレイ様を、傷つけてしまいました。私に処罰を、」
あなた
「いいわ。今回はいい。しょうがないもの。あ、あと、明日は勝利が朝来てくれるかしら。」
山田
「わかりました。勝利に伝えておきます。」

💗ゴ