無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10話
執事
「大我様!」
京本
「あれ?なんで、」
執事
「今日はお披露目会です!さぁ、こちらの衣装に着替えてください!」
レイ
「ねぇ。お兄さん達。」
京本以外
「ん?」
レイ
「ちょっとこっちに来て!」
京本以外
「お、おう/うん」
誰もいない場所
岩本
「ここは?」
レイ
「ごめんね。お兄さん達。」
シュー
田中
「なんだ、ッ、、、これ、」
松村
「ま、麻酔ガス?…」
バタッ、
バタッ
レイ
「よし!メイドさん達!後片付けよろしくね!」
メイド達
「は、はい。」
レイ
「あ、このこと、誰かに行ったら…わかってるよね。」
メイド
「はっはい!」
バタン
レイ
「〜🎶」
山田
「レイ様。先程、何をなさっていましたか?」
レイ
「なんで?(笑) 僕何にもしてないよ!」
山田
「あなた様には通じても私には通じませんよ?」
レイ
「……あーあ、なんで涼介見たいのがいるかなぁ。邪魔なんだよ。」
山田
「ほぉ。あなた様が笑っている日常を壊そうとでも?」
レイ
「やっぱり察しがいーなー。山田は。」
山田
「そんなことはさせませんよ?あなた様は笑っているのが1番ですから。」
レイ
「へぇ〜。僕の知識力知ってるよねぇ?」
山田
「レイ様には、劣るかもしれませんが私もそれなりにはあります。さぁ、いつでもかかってきてください。」
レイ
「へぇ〜。いいんだ。(笑)」
山田
「面白いじゃないですか(笑)」
レイ
「悪趣味。」
山田
「そちらこそ」
💗 ゴ