無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話
田中
「で?きょもとあなたちゃんはどういう関係なわけ?」
あなた
「………。」
京本
「えっと、それは…」
あなた
「婚約者…です。」

「なぁーんだ、ってえぇ?!」
深澤
「え?待って待って?」
目黒
「え?ん?」
渡辺
「パニックパニック!」
岩本
「あなたちゃん、どういうこと?」
あなた
「………。私の、お父さんが、宮近財閥の社長です。それで、京本さんの、京本財閥とお父さんが仲が良くて、私と京本さんのお父さんが、2人を結婚させようって…」
京本
「俺は別に良いんだけどさ…あなたちゃんの気持ちを優先したいから、お父さんに言ったんだよ、そしたら、これは決定事項だって、」
森本
「そうだったんだ、」
ラウール
「待って、じゃあ、なんで財閥のお嬢様がいじめらてるの?」
あなた
「……、言ってないから。先生にも、秘密にしてって、言ってあるから。だって、言ったってどうにもならないじゃない。こんな見た目だったら、お嬢様でもなんでもいじめられるんだから。」

「……。」
ゴンゴンゴンゴン

「(ビクッ」
京本
「ちょっと車停めて。」

「はい。」
ウィーン←窓開ける音
京本
「なんですか?」

「そちらに私家のお嬢様がいらっしゃいますでしょう。」
京本
「どちら様ですか?」

「申し遅れました。宮近財閥、宮近あなた様の使い。」
山田
「山田涼介です。」
💗 ゴ欲張らないことにした🥺w