無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog.

「なんで眼鏡かけてるの?」


僕が君に初めて話しかけた言葉


話しかけた時は本当に僕?みたいな顔してた


あの時は無視された僕だけど今は違う


僕のみんなとは少し違う初恋見てくれますか?














"だって僕のベストだから"
















































































START.