無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

160
2021/10/20

第31話

プチドッキリ仕掛けてみた ➂
夏芽 side


えー只今 、恭平を引き連れ爆走中です()








高橋「 … あの ー あなたちゃんもう少し早く走れません ? 」←

『 無理 !!!! ←
とりあえず心当たりはあんねんから黙って付いてきや !! 』

高橋「 .... あなたちゃんと手繋げるのは最高なんすけどね() 」










一応なんかあったときのために恭平連れてきた(

殺されかけたときにヘルプ出せるやん ?(怖)









『 … ! 2人共おった

… 恭平 、この辺で待っといてな 』

高橋「 了解っす 」

『 … ふう 、.... のんちゃん 、シゲ 』

「「 … 」」

『 … ごめんな ? あれ嘘やねん

ドッキリ仕掛けたろ思うてついた嘘やってん 』

「「 … ! 」」

『 そこまで反対されるとは思うてへんかったから
やりすぎてもうた 。ホンマごめんな 』

小瀧「 .... 俺 、あなたが人のもんになるんか思うて怖かった 、 」

『 … うん 』

重岡「 … まああなたに限ってあんなイケメンに告白されるとは思わへんかったけどな 」←

『 しね(デジャヴ) 』

小瀧「 .... でも 、ホンマによかった(ぎゅ) 」

『 … ん(ぎゅ)

… シゲも 、ほら 』

重岡「 …(ぎゅ) 」









ホンマ2人共弟みたいやねんな(

.... まあシゲに至ってはシゲの方が年上やねんけど()









(これを見ていた高橋が羨ましいと思っていたのは言うまでもないだろう)←